航空機に組付けられる量産部品を初出荷しました。

図1.jpgppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppp

弊社は、2016年に「航空・宇宙産業」という新たな事業分野へ参入を決め、以来2017年12月に、航空宇宙・防衛産業に特化した品質マネジメントシステム 【JIS Q 9100】 の認証取得、その後、飯田航空宇宙プロジェクト「エアロスペース飯田」に参加し、航空機部品の試作を行ってきました。

そして、2018年に大手重工様の「加工トライアル」に参加させていただいたことがきっかけとなり、エンジン部品の量産を受注。そして、2020.10.12に丸子工場で製作した航空機部品を出荷いたしました。

初回製品納入までお客様からは、マネジメントリスク評価、品質マネジメントシステム監査、FAI立会検査などで、ご指導とアドバイスをいただきました。

プロジェクトチームのメンバーがその都度協議を行い課題解決をしてゆく姿を何度も目にしました。お陰様でより確実な品質管理の仕組みが構築できました。

「航空機に組付けられる量産部品」を初出荷できたことは、弊社としても記念すべき事であり大きな喜びとなりました。

今後も、航空機産業のサプライヤーとしてお客様の期待にお応えできるように、更に実力を高める活動を継続してまいります。

図2.jpg

「第1回 エンジンフォーラム神戸2020」に参加します。

図2.jpg000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

※ 商談会の詳細は、下記、URLをご参照ください。
  https://www.kobe.bciaerospace.com/ja/

                                    

2019.10.31  日本経済新聞「航空宇宙特区に参加へ」の記事の中で、弊社に関する記事が掲載されました。

「航空宇宙特区に参加へ」 (2019.10.31 日本経済新聞)

            ↑↑クリックしてご覧ください。

弊社は、2016年に航空機産業への参入を決め、2017年には、航空宇宙の品質マネジメントシステム「JIS Q 9100」の認証を取得しました。

当時は、長野県内での航空宇宙特区の認定を受けているのは南信地域のみでしたので、直ぐに「飯田航空宇宙プロジェクト」に参加させていただき、航空機関連企業様とのお取引に向け、共同受注開拓と試作・量産受注に向けた活動をしてまいりました。

お陰様で、航空機エンジン関連の小型部品の製造を開始し、来年には、新たな加工機械を導入し、中型部品の生産に向けて、現在、準備を進めています。

今回、上田市、長野市が国家戦略特区への参加を申請したという事で、長野県全域で航空機産業振興が勢いを増すと考えられます。

弊社においても、税制優遇等を活用し、加工・検査装置等の充実をはかり、受注体制を整え、航空機事業の拡大を加速させてまいります。

2019.6.13 JALエンジン整備センター見学に行ってきました 。

JAL1.jpg

当社では、2017年にJISQ9100認証取得し、その後、航空機部品の受注につながり、生産活動を開始しております。

以降、毎年、認識教育の一環として、JAL安全センターへの見学を計画し、「製品安全に対する自らの貢献」「倫理的行動の重要性」を理解してもらう教育を実施しています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回は、株式会社 JALエンジニアリング様から、「JALエンジン整備センターの見学」の機会をいただき、社長の栗田はじめ、航空機事業に携わっている各プロセスメンバー7名の計8名で参加させていただきました。

エンジン整備センターの見学では、部品のバラシ/修理/手直し/洗浄/組立/性能検査が行われるという事で、当日も部品ごとに現品票が付けられ、各エンジンにどの部品が組付けられているかトレース出来る様に管理されていました。

見学後には、「ヒューマンエラーに対する防止策」について、懇談のお時間もいただきました。

これは、当社からのリクエストで実現したもので、航空機の整備士の皆さんが実際に行っている効果的な防止策を教えてもらって持ち帰りたいという思いからでした。

ご担当者の方からは、これまで、数々のヒューマンエラーに直面し、その都度、アイディアを出し合って防止策を展開されていました。

今は、一人ひとりの資質、感性を高めることを重視した取り組みを展開されていました。

但し、特効薬は無く、基本に立ち返り、教育を積み重ねてゆくことで得られる結果が防止策であると教えていただきました。

今回学ばせていただいたことは、今後の、事業活動の中に取り入れ、品質向上につなげてまいります。

(株)JALエンジニアリング様には、大変、貴重な機会とお時間をいただき、ありがとうございました。

2018.12.04 国際航空宇宙展2018TOKYO ご来場のお礼

JAIE_bar2018_V_j.png

20181128()30()

東京ビッグサイトで行われました「国際航空宇宙展2018東京」では、弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。

弊社は、2017年にJISQ9100を認証取得し、今回は、長野県テクノ財団様、エアロスペース飯田様との共同出展という形で初めて出展いたしました。

限られた時間での説明のため、ご来場いただきながら対応が行き届かなかった点もあったことと存じます。
ご案内いたしました内容に
ご不明な点やご要望などございましたらWebサイト「お問合せ」よりご連絡をいただければ幸いです。

皆様のご期待に沿えますよう、全力で取り組んでまいります。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

航空宇宙展図2.png